Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート 月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
小野 不由美 (1992/06)
講談社

この商品の詳細を見る


ゴーストハントを紹介したついでに(ぇ)同じ作家さんの作品を紹介

コレ、十二国記、ほんっとに面白いです
ただ、中国的な舞台なのと(ファンタジーですが)文章の複雑さというか・・
活字が嫌いとか細かい文字が苦手な人は目眩を起こすカンジです(笑)

舞台は、海を隔てた別の世界。
そこでは十二国の国を王と、それを補佐する神獣である麒麟が治めている。
十二国記は、主にその王と麒麟にスポットを当てた小説。

一応通して主人公と言えるのは十二国の中で
紆余曲折を経て「慶」を治める事になった景王、中嶋陽子。

中嶋陽子はある日、突如現れた見た事もない容貌の青年に
「あなたは王だ」と告げられ、異世界へと連れて行かれてしまう。
しかし、異世界に着いた途端にその青年は消え、陽子は右も左も分からない状況で一人、取り残されてしまう。

そこから彼女は様々な人と出会い、傷つき、苦しみながら成長していく。
そして、ある国へとたどり着いた彼女が教えられた真実は・・。

と、ネタバレ多大に含んでいますが・・これが1巻(上下巻)のあらすじ。

詳しい事は「続く・・」をどうぞ。

好きな台詞★★
「責難は成事にあらず」
(責めているだけで、新しい提案を出さないでいるのは、何か事を成しているわけではない。責めるだけでは何も変わらない)王が最期に残した言葉。

「裏切られてもいいんだ。裏切った相手が卑怯になるだけで、わたしの何が傷つくわけでもない。裏切って卑怯者になるよりずっといい」
主人公の台詞。

「誰かが誰かより辛いなんて、うそだ。誰だって同じくらい辛いんだ。生きることが辛くないやつがいたらお目にかかってみたいよ、おれは」
これ読んだ時、あぁそうか、そうだよなぁと改めて思わされた記憶が。


■ここで注意?■
やはり新刊がずっと出ていません(苦笑)待ち続けますけどね!!
で、シリーズの一番初め、「月の影 影の海」の上巻

果てしなく暗いです。主人公ウジウジしっぱなしです。
もう読み進めるの結構苦痛ですけど・・。
下巻行く辺り、ある人物に出会った後はもうすごいんで。

是非、一読あれ!!
むしろ何度読み返したかわかんないよワタシ。
人生のバイブルだよ(笑)


... Read more
スポンサーサイト

ゴーストハント 9 (9) ゴーストハント 9 (9)
いなだ 詩穂、小野 不由美 他 (2006/02/06)
講談社
この商品の詳細を見る


SPR(渋谷サイキックリサーチ)
心霊研究を目的とした事務所であり、調査の他所長の独断と偏見で請け負った除霊などの依頼もこなす。
ある高校の旧校舎の調査依頼を受けた際に偶然集まったメンバー。
その他にも事件に関わった青年などを加え、
霊能者、調査員まとめて心霊関係の調査に向かう。
そこで待ち受けているのは必ずしも霊とは限らない。
人の想いであったり、憎しみであったり。
そして・・本当に霊であったり。
それを科学的な面から調査し、根元を突き止め解決するのが仕事。
(ただし、前述の通り、所長の気に入った仕事しか請けない)

最近多い、血みどろとか死への恐怖とかそういうのではない恐怖がここにはあります。

心理的な怖さというんでしょうか。
追われる、殺される、そういう安易な怖さじゃないんですよね。
現象一つ一つが怖い。

その現象に人の想いが関わっているから。

原作の小説(悪霊シリーズ)は、別の文庫に移行された最後の巻(上下巻)のみ販売されていますが、完全にネタバレしきった後なので、読まないコトを強くオススメします。

他の原作は、人気があり、再版すれば確実に売れるのに、再三の希望がある今も絶版の状況です。

一時期、数年前に再版って知らせがあったんですけどね・・。
いつの間にか情報ごと抹消すよ(苦笑)

ですので手っ取り早く読みたい方は、この漫画をどうぞ♪♪
2006年9月13日現在9巻まで出ています。

原作の作家さん、ものすっごい方で人気もスゴイんですが
遅筆って事でも凄く有名な方で。
悪霊シリーズはかれこれもう1994年以降発刊されていません。
まぁ、このシリーズは遅筆だけが理由とは言えないかもしれないですけど。

漫画で好きなサブタイトルは「禁じられた遊び」
なんか音が格好良くてまだよく覚えてる(笑)


... Read more


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 The March Hare-帽子屋と三月猫の終わらないお茶会-, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。